2018/4/4 美容ニュース 美容経済新聞より コーヒーの飲用量が多い女性は血圧、中性脂肪、GPTの数値が低い

コーヒーの飲用量が多い女性は血圧、中性脂肪、GPTの数値が低い

最新商品 2018.04.4

編集部

ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市)は、神戸本社社員のコーヒー飲用量、ポリフェノール摂取量と健康に関する調査を実施した。その結果、コーヒーの飲用量が多い女性社員ほど、血圧、中性脂肪、GPT(肝機能マーカー)の数値が低く、特に血圧はコーヒーを3杯以上飲んでいる人の数値が低いこともわかった。

調査によると、社員は平均で日本人の2倍以上に相当する1日3杯以上のコーヒーを飲用し、ポリフェノール摂取量が多く、血圧、HDL-C(善玉コレステロール)、HbA1c(糖尿病リスクの指標)の正常者比率が特に女性で高い傾向が見られるなど、健康診断結果が良好であることがわかった。

総ポリフェノール摂取量平均は1494mg/日で、日本人の調査としては最大量。ポリフェノール摂取の60.5%がコーヒー由来だった。また、正常な血圧(130/85mmHg未満)の値を持つ人の比率は82%で、全国調査(2016年国民健康・栄養調査)の72%よりも高かった。

今回の調査を監修した東洋大学 食環境科学部の近藤和雄教授は「健康のために1日3杯のコーヒーを飲み、ポリフェノールをこまめに摂取することは理にかなった習慣として意義があるのではないか」との考えを示している。

同社は、コーヒーでポリフェノールを摂取する習慣を社員自らが実践して、「1日3杯のポリフェノール習慣」が社会に浸透していく活動を推進していくとしている。

引用元:美容経済新聞

オススメ美容系の求人転職情報

⇨人気ブランドのお仕事多数♪コスメの求人転職♡iDAの公式ページ

⇨人気ブランドでお仕事探し♪アパレル派遣なびの公式ページ

⇨人気ブランド多数♪アパレル求人転職♡スタッフブリッジの公式ページ

⇨ファッション・アパレル業界の求人転職♪BRANDMATCHの公式ページ

あわせて読みたいオススメ記事

老化と共に仕方がないのかしら。。? 年々、お肌のトラブルが起きると治りづらく悪化しやすくて悩んでいました。 ...
年齢を重ねるにつれて酷くなる『毛穴トラブル』 どうにかしたいけど何をしたら良いかわからない。 もう周りか...
毎日の日常生活にバタバタと追われる日々。。 年齢とともに老化して行くお肌。。 日に日に肌トラブルが酷くなって来て...
今思えば思春期を迎える年頃からどちらかと言うとニキビが出来やすい体質だったと思います。 中学生の頃に背中ニキビが酷くて...
長年背中ニキビ、黒ずみ、毛穴トラブル、肌トラブルと様々な悩みを抱えて過ごしていました。 年齢も関係してターンオーバーの...
一度できちゃうと中々消えないし、赤ニキビからシミのように色素沈着してしまうニキビ跡。 思わず隠しちゃうし、誰にも見られ...

★★★3つ!おすすめ商品

⇨ソワン美容液の公式ページ

⇨ルフィーナの公式ページ


スポンサーリンク