2018/4/5 美容ニュース 美容経済新聞より ポーラ・オルビス入社式「変化を察知し行動を変えられる人間に」

ポーラ・オルビス入社式「変化を察知し行動を変えられる人間に」

最新商品 2018.04.5

編集部

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス(東京都中央区)は2日、本社にて2018年度新入社員入社式を執り行い、代表取締役社長の鈴木郷史氏が「環境の変化を察知する感受性、自らの考えや行動を折々で変えられる柔軟性が求められる」などと新入社員へ訓示した。

今年はグループ総勢92名(うち中途採用53名)が新たに入社した。

同社の株主は同社のファンが多い。意見・質問にしても商品面、販売面での建設的なものが多く、株価が上がったから売るという投資目的でなく永く保有して応援するという株主が多い。そこで同社には、長期視点でもって質の高い経営をしていくという姿勢を求められている。

これを実現するには、「常に我々が変化せねばならないということ。そのためには組織として人として、今はいいけど将来はこのままじゃ駄目だという危機感をもって常に変化をしていこうという強い気持ちがないといけない」(鈴木氏)との認識を示した。

改革や変革は、ある段階でパラダイムが変わるような大きな変化を言うが、「理想的には日々変化していくのがベスト。そのために環境の変化を察知する感受性、自らの考えや行動を折々で変えられる柔軟性が求められている。昨年刷新した企業ミッション、ビジョン、ウェイはそれを象徴している」(鈴木氏)と語った。

同社では、入社式の恒例行事として新入社員に“プレゼント”を送っている。今年は、福田淳氏の著書「SNSで儲けようと思っていないですよね?」を採り上げ、同書の内容をかいつまんで新入社員に紹介する中で、“ソーシャルデザイン”について言及した。

「ソーシャルをデザインするというのは化粧品会社にとっても重要な考え方。当社には6つの化粧品ブランドがあるが、明言化している、していないの温度差はあっても基本的にブランドを磨くということはライフスタイルブランドを目指すこと。ライフスタイル全般に作用するブランド、正にこれがソーシャルデザインになる」(鈴木氏)などと語った。

引用元:美容経済新聞

オススメ美容系の求人転職情報

⇨人気ブランドのお仕事多数♪コスメの求人転職♡iDAの公式ページ

⇨人気ブランドでお仕事探し♪アパレル派遣なびの公式ページ

⇨人気ブランド多数♪アパレル求人転職♡スタッフブリッジの公式ページ

⇨ファッション・アパレル業界の求人転職♪BRANDMATCHの公式ページ

あわせて読みたいオススメ記事

老化と共に仕方がないのかしら。。? 年々、お肌のトラブルが起きると治りづらく悪化しやすくて悩んでいました。 ...
年齢を重ねるにつれて酷くなる『毛穴トラブル』 どうにかしたいけど何をしたら良いかわからない。 もう周りか...
毎日の日常生活にバタバタと追われる日々。。 年齢とともに老化して行くお肌。。 日に日に肌トラブルが酷くなって来て...
今思えば思春期を迎える年頃からどちらかと言うとニキビが出来やすい体質だったと思います。 中学生の頃に背中ニキビが酷くて...
長年背中ニキビ、黒ずみ、毛穴トラブル、肌トラブルと様々な悩みを抱えて過ごしていました。 年齢も関係してターンオーバーの...
一度できちゃうと中々消えないし、赤ニキビからシミのように色素沈着してしまうニキビ跡。 思わず隠しちゃうし、誰にも見られ...

★★★3つ!おすすめ商品

⇨ソワン美容液の公式ページ

⇨ルフィーナの公式ページ


スポンサーリンク