2018/4/6 美容ニュース 美容経済新聞より 2015-17年の化粧品によるアレルギー症例報告

2015-17年の化粧品によるアレルギー症例報告

最新商品 2018.04.6

国際部

2015年10月から2017年10月にオランダのCESES(消費者における皮膚曝露の影響とサーベイランス)に報告された市販の化粧品関連アレルギー90件の概要が3月29日、オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)から発表された。オランダでは、化粧品によるかゆみや紅斑などの望ましくないアレルギー反応の把握のため、アレルギー症例を登録するモニタリングシステムのCESESを2009年に開始している。

今回報告された望ましくないアレルギー反応は、主にスキンケア・フェイスケアおよびヘアケア製品を使用した後に顔および手に起こっており、ほとんどの患者は接触性アレルギーと診断されていた。

これまでの例と同様に、イソチアゾリノン(防腐剤)および香料が、アレルギー反応の大部分を引き起こす成分だった。この報告により皮膚科医が、パッチテストと必要に応じて関連する化粧品の特定の成分に関する試験を行った。

イソチアゾリノンは、接触性皮膚炎の重要な原因として広く認識されており、2015年には有力なアレルゲンとして、メチルクロロイソチアゾリノン/メチルイソチアゾリノン(MCI / MI)の使用は洗い流さない製品(leave-on)で禁止、洗い流す製品(rinse-off)では、0.0015%までの濃度で使用できる。同様の制限は2018年にメチルイソチアゾリノン(MI)に適用された。

今回の報告された症例では、過去2年間でMCI / MIに起因する症例は1例のみだった。 2018年の報告では、MIが原因となる症例報告は低下することが予想されている。MIに代わる有力な防腐剤候補はまだなく、開発は続くものと考えられる。ネイル製品中の(メタ)アクリレートに対するアレルギー反応は3例で、前年度比で増加した。

引用元:美容経済新聞

オススメ美容系の求人転職情報

⇨人気ブランドのお仕事多数♪コスメの求人転職♡iDAの公式ページ

⇨人気ブランドでお仕事探し♪アパレル派遣なびの公式ページ

⇨人気ブランド多数♪アパレル求人転職♡スタッフブリッジの公式ページ

⇨ファッション・アパレル業界の求人転職♪BRANDMATCHの公式ページ

あわせて読みたいオススメ記事

老化と共に仕方がないのかしら。。? 年々、お肌のトラブルが起きると治りづらく悪化しやすくて悩んでいました。 ...
年齢を重ねるにつれて酷くなる『毛穴トラブル』 どうにかしたいけど何をしたら良いかわからない。 もう周りか...
毎日の日常生活にバタバタと追われる日々。。 年齢とともに老化して行くお肌。。 日に日に肌トラブルが酷くなって来て...
今思えば思春期を迎える年頃からどちらかと言うとニキビが出来やすい体質だったと思います。 中学生の頃に背中ニキビが酷くて...
長年背中ニキビ、黒ずみ、毛穴トラブル、肌トラブルと様々な悩みを抱えて過ごしていました。 年齢も関係してターンオーバーの...
一度できちゃうと中々消えないし、赤ニキビからシミのように色素沈着してしまうニキビ跡。 思わず隠しちゃうし、誰にも見られ...

★★★3つ!おすすめ商品

⇨ソワン美容液の公式ページ

⇨ルフィーナの公式ページ


スポンサーリンク